素敵なお父さんになりたい。

自分なりに素敵なお父さんを目指す気ままなブログ。最近はファミリーキャンプが趣味。

【キャンプレポ】志摩オートキャンプ場201911

 

こんにちは。素敵になりたい父です。

 

だいぶ肌寒くなってきましたが、

暖かい地方で秋キャンプをしてきました。

ちなみにヤドカリテントデビュー戦です。

 

今回は志摩の先端にある

志摩オートキャンプ場です!

 

 

ここが良かった!

設備は比較的充実

 大きい炊事場にきれいなトイレ。

 分別は厳しいですがごみステーションもあります。

 使用済み炭も回収してくれます。

 お風呂は五右衛門風呂が抽選式で入れます。

 別途コインシャワーの設備あり。

 ランドリーもありましたね。

 

 

海まで徒歩5分くらい

  歩いて海岸沿いまで行けます。

 釣りをしている人もいました。

 季節の問題かもしれませんがゴミも少なくきれいな海岸です。

 夕焼けがきれいでした。

 東側は低い森が遮っているので海岸から日の出は拝めません。

  

 

海鮮物が手に入りやすい。

 志摩市内の大型スーパーや海鮮問屋でいろいろ買えます。

 スーパーセンタープラント志摩店に今回寄りましたが

 かなり大きく食品からホームセンター用品まで幅広く買えます。

 そして海鮮物も安い!

 

 

自然に囲まれている

 少し上ったところにあるので周りは自然がいっぱいです。

 

中央に子供が遊べる広場

 電源サイトから見えるエリアに広場があるので

 そこで遊べます。

 

ワンちゃんOK

 ドッグ可サイトがあります。私はノードッグなので

 ドッグ不可の電源付きサイトにしました。

 

 

 

ここに注意!

 

日帰り入浴施設は遠い。

 車で30分ほど行かないと無いので

 大きなお風呂に入りたい場合は

 移動必須なので飲めません・・・

 

 

サイトは100平米だがデッドスペースができる。

 車1台分込みで100平米ですが駐車スペースの奥が

 デッドスペースになってしまうので実質的な有効スペースは

 数字より狭く感じます。

 プライベート感を出そうとすると設営に工夫が必要です。

 

 

料金はやや高め

 11月の土曜日は6千円で+電源代1千円でした。

 

 

父的総合評価 

 

 コストパフォーマンス☆☆☆3.0

  ・海が近く散歩もできる。

  ・風呂問題がネック。

 

 清潔感☆☆☆☆4.0

  ・手入れが行き届いており設備も綺麗。

  ・サイトもキレイめ。

 

 周辺観光☆☆☆☆4.0

  ・志摩スペイン村まで40分程度。

  ・鳥羽まで足を伸ばせば鳥羽水族館や牡蠣の宝庫。

  私は鳥羽で海鮮丼を食らいました。

  

 

 リピート度☆☆☆★3.5

  ・11月中旬でも暖かい。夜と明け方が少し冷える程度だった。

  ・海鮮物が旨いのでバーベキューはやりがいがある。牡蠣焼き旨い。

  ・志摩の先端なのでアクセスが大変。

  ・やっぱり風呂問題。

 

 

我が家からは結構遠いのでもう少し近ければなーという印象です。

車も少なくてとてものどかでした。

 

 

【番外】ギアレビュー

ヤドカリテントのデビュー戦です。

やっぱり気になったのが朝方のタープの結露。水が滴ってきました。

まぁ我慢できるレベルでしたのでよしとします。

夜はそこまで寒くなかったので、フロントのオープン度合の寒さへの

影響はいまだ未知数です。

サイトコーディネートはグレー、ブラック、オリーブ等のダークからベースで

チャムス関連のアイテムでカラー挿しすることにしました。

メリハリが出てきました。 

 

ステッカーチューンのチャムスツイングリルもいい感じ。(熱も大丈夫でした) 

 

個人的に次買うべきと思うもの&検討したいもの。

 

・タフライトテーブル

 昔に買ったコールマンのテーブルをコンロ台にしていましたが

 熱い鍋をそのまま置きたいので、囲炉裏テーブルと同様に

 アイアンのタフライトテーブルを購入することで妻と合意しました。

 

・収納ラック

 コンテナと新クーラーボックスで前回より収納力が

 格段に上がっていますが、やっぱり棚が欲しい。

 ナチュラル調のウッドラックが流行っていますが

 我々が買うならアイアン調かダーク系のウッドラックにします。

 ただ、トゥーランにこれ以上載りそうにないので調整が必要です。

 

・チェア用クッション

 夜は座っているとおしりが寒い。

 エアピローが苦手なので寝るときは丸めて枕にしよう。

 

陣幕

 コンパクトで設営が簡単なものがあれば検討したい。

 隣が近いと結構気になる。設営のコツとかあるのかしら・・・

 

・ルーフキャリア

 荷物が載らないなら上に乗せるしかないが・・・

 

 

個人的これは買わない(買えない)&リプレイス対象

キャプテンスタッグ EVAフォームマットダブル ×2個

 2重にしてその上にシュラフで十分かなと思っていましたが、やっぱり痛い。

 あと、コンパクトにならないので積載力を大きく圧迫する。

 余裕のないときはこれを除名してエアベッドにします。

 エアベッド買おう。とりあえずこいつを除名すれば上記のラックが乗ります。

 

・ベンチ&大きめのチェア

 正直なところこんなに荷物がパンパンになると思っていなかったので 

 チェア2&ベンチスタイルで考えていましたが、ベンチを乗せる余裕はありません。

 コンパクト系のチェアで攻めます。

 

 

 

 

完全撤収に2時間近く掛かってしまうのでまだまだ改善余地がありそうですが

キャンプの楽しさが増してきました。

いずれはコンパクトなアイテムでソロもやってみたいですが

まだまだ先になりそうです。

とりあえずは冬キャンプに挑戦したいですが。

積載力問題が・・・

 

 

 

 

素敵なお父さんに一歩近づいたかしら・・・

 

 

父が買ったキャンプグッズ(コンロ・バーナー編)

 

こんにちは。素敵になりたい父です。

私は条件に合うものをいろいろ探すのは楽しいタイプですが

世の中にはそれを面倒と思う方も事実です。

私と同じような趣向だけど探すの面倒。

コスパの良いもの教えてよと友人に言われましたので

私が買ったものをご紹介したいです。

今回はバーナー編。

 

 

■まずはバーナーに対する父の考え方の推移

初期①:カセットコンロが一つあればいいよね

    車だからコンパクトさは不要だし。

初期②:一個だと同時にお湯沸かしたりとかできないから不便。

    カセットコンロ+シングルバーナーにしよう

中期①:カセットコンロも外で使う前提のものがいいな。

    シングルバーナーは鍋が置けるホースタイプがいいな。

↓   

中期②:欲しいと思えるシングルバーナーがないな。

    友人のコールマンツインバーナー便利だったな

後期①:いっそツインバーナーにしよう。

    OD缶でなくCB缶で統一しよう。

後期②:焚火しないときにテーブルグリルとして使いたいな

    外で使える2口テーブルグリルないかな。

 

 

そして、購入したのが・・・

これ!

イワタニのテーブルトップBBQグリルフラットツイン

 

フラットツインのここが良い!

・18,000円程度で値段は他のツインバーナーより安め。

 コールマンよりは高い。

 

・OD缶ではなくCB缶なので入手性、コスパに優れる

 

・なによりテーブルに平置きできる。

 蓋も取れるし、蓋を風防としても使える。

 

・カセット・フーの様々なアタッチメントオプションあり

 

・この色はおしゃれ(もう一つは普通のガスコンロみたいなグレー)

 

 

 

フラットツインのここが気になる

・でかい。普通のカセットコンロ2個並べているようなものなのででかい。

 というか、見栄えを気にしなければ普通のカセットコンロ2個の方が

 小回りが利く(しかもタフまる2つの方が安い)

 平置きでも短い足がある分、普通のカセットコンロより背が高いのも

 注意点です。

 

・グレーにはグリルプレートが付属するが、グリーンには付属しない。

 買ってから気づいた・・・(値段が同じだったから気づかなかった)

 

・上記のグリルプレートが物の割に高い。Amazonで3000円超x2つ

 

・収納ケースがないので最初の箱にいれての持ち運びが必要。

 蓋はあるがつまみが飛び出ているので裸は干渉しやすい。

 

・実はグリルスターというキャスター付きのバージョンがあって

 それはオレンジでかわいい。けど高い。足が付いただけで2万UP。

 ※我が家にはでかいコールマンのロードトリップグリルがあるので不要。

 

 

 

■私はこう使っている。

 正直なところグリルプレートの付属の差が痛い。

 この差があるならグレーでも我慢していたのに・・・

 仕方ないので徹底的におしゃれにするために尽力しました。

 

 ①ステッカーチューン

  蓋についているイワタニの大きいロゴをチャムスのシールで

  上書きしました。※熱には注意が必要なので様子を見ます。

  ビビッドな色も相まってチャムスのコンロに見えてきました(錯乱

 

 ②チャムスのグリルプレート

  単なるステンレスのグリルプレートに7千円近くも払うのはしゃくなので

  チャムスの鋳鉄グリルプレートを買いました。

  これでどこから見てもチャムスです(乱心

  ほかのプレートでもよいですが、CB缶の部分に被さらないサイズに

  しなくてはなりません。輻射熱で爆発します。

   

 

ツインバーナー的に使うにはハイテーブルが欲しいですが

我が家はロースタイルでギアを揃えてきたので、タフライトテーブルを検討中です。

荷物がどんどん増えるな・・・ 

山善 キャンパーズコレクション タフライトテーブル(幅120奥行60cm) TLT-1260(MBK)

山善 キャンパーズコレクション タフライトテーブル(幅120奥行60cm) TLT-1260(MBK)

 

 

 

■これから買うならこのパターンがおすすめ

私と趣向が似ているのなら、タフまる2つの方が

コスト的にも小回り的に便利です。収納ケースもあるし。

不要な時は一つだけでいいし。

タフまるはベテランキャンパーのブログでもよく見かけます。

ただ見た目はフラットツインの方がかっこいい。かな・・・

 

 

積載力があって、家にガスのBBQグリルがないなら

上でも書いたグリルスターもおすすめ。

 正直、タフまるより割高なフラットツインよりさらに割高感は否めませんが

取り外して、テーブルトップで使えますし、テーブル不要でバーナー的にも

使えるので、汎用性でいえば有りです。

コールマンのロードトリップグリルは車に乗せるにも大きすぎますし

トップも外れないのでロースタイルで使えない。(無理やりやれば別ですが・・・)

 

 

結局、フラットツインを勧めてないじゃないか・・・

と言われそうですがいいんです。被りにくくなるし(必死

 

 

 

 

 

素敵なお父さんに一歩近づいたかしら・・・

 

 

 

【キャンプレポ】NELO Gotemba201908

f:id:kmrm2856:20191021160440j:plain

NELO Gotemba

こんにちは。素敵になりたい父です。

 

古新聞ですが今年の8月に行った御殿場の新しいキャンプ場ネロ御殿場のレポです。

7月にできたばかりで、当時はファミリーのみ利用可というキャンプ場でした。

 

 

ここが良かった!

ファミリー限定(だった)

 なんせ初めてのファミリーキャンプだったので子供が何かやらかさないかとか

 非常識なキャンパーがいたらどうしようとか、いろいろ心配事はありましたが

 ファミリーだけのキャンプ場なので、ほかの子供もたくさんいて

 安心して利用できました。

 現在はソロキャンパー向けのプランが出ているようですので

 状況が変わったかもしれませんね。

 

 

新しい設備

 仮設的な構造のトイレでしたが、できたばかりでとてもきれい。

 炊事場もキレイです。

 

 

お風呂が近い

 足柄温泉が車で5分程度のところにあるので便利です。

 足柄温泉は富士山を拝みながらお風呂に入れます。

 

 

自然に囲まれている

 少し上ったところにあるので周りは自然がいっぱいです。

 

サイトは広め

 10m x 8m で車はなしなので1サイトは結構広めです。

 ただ、隣とロープ1枚の仕切りなので実効プライベートスペースは

 それより狭くなります。設営レイアウトに注意。

 

ワンちゃんOK

 ドッグランも近くにあります。1サイト2頭まで有料で入れます。

 ブリーダーにはお勧めですが、ワンちゃんNGの人は注意。

 

 

 

ここに注意!

 

私が行ったときは富士山は見えなかった

 富士山が見えるというワードを見たのですが、どこに見えるかすら

 わかりませんでした、サイトの位置によって見えないのか・・・

 

 

サイトによっては駐車場が少し遠い&乗り入れ不可

 駐車場と炊事場&トイレが同じあたりにあってサイトは小道路を

 挟んで奥行きのあるエリアにい並んでいます。

 私たちは一番奥の方であったので200mぐらいありました。

 運搬用のワゴンを借りて何往復もするので設営は大変です。

 

 

料金は高め

 8月のトップシーズン(特定日)で8千円/サイトでした。

 普通の休日は7千円、平日は5千円。

 

 

父的総合評価 

 

 コストパフォーマンス☆☆☆3.0

  ・新しくて、それほど大きくなく落ち着いてキャンプできる。

  ・足柄SAから近く、アクセス良好。お風呂も近い。

  ・富士山が見えないの魅力は半減

 

 清潔感☆☆☆☆★4.5

  ・簡便なつくりではあるが新しくてきれい。

  ・場所によっては農家の仮設トイレが視界に入る(トップ写真)

 

 周辺観光☆☆☆☆★4.5

  ・サファリパーク、アウトレット、東京、神奈川方面と選択肢は広い

  ・ただ、それ以外はあまりないが道程(名古屋、大阪など)を含めれば

   バリエーションはありそう。

 

 リピート度☆☆☆★3.5

  ・関東方面への旅行の中継地点として利用できる

  ・富士山が見えるならまた行きたい。

  ・ファミリー専用でなくなった。

  ・奥のサイトになると荷物運搬が大変

  ・富士山周辺にはキャンプ場が豊富なので競合多数。

 

 

次の日に早起きしてディズニーへ行くとかそういう使い方もできそうです。

御殿場からTDLまでは1.5h程度です。

自宅からだと夜中に出発しなくてはならないので多少楽になります。

早起きしてスピード撤収が必要ですが・・・

 

 

 

 

 

 

素敵なお父さんに一歩近づいたかしら・・・

 

 

父的買ってよかった2019年11月。

こんにちは。素敵になりたい父です。

 

毎月買ってよかったシリーズを書きたかったのですが

大して良くないものは書きたくなかったので不定期にします。

 

 

現在、私の中ではキャンプブームが到来しています。

いろんなキャンプギアを選ぶのが楽しいです。

実践で使ってみるとこれもほしいな、こうしたいなというのが浮かんできます。

 

キャンプグッズのレビューが続きそうですが

ひとまずはある程度使ってから投稿したいと思います。

 

今回、紹介したいのはキャンプのチェアです。

正直なところ被りたくないので広めたくないのも本音ですが

零細ブログに書いたところで影響もないでしょうし

逆にここまで辿り着いたチェアファンは歓迎です。

私もかなり調べてようやく辿り着きました。

 

 

キャンプのチェアといえばハイスタイルかロースタイルか

1人用か2人用か、コンパクト重視か、快適さ重視かというように

キャンプのスタイルによって選択の基準が変わってきます。

 

私の場合、あくまでも車で移動するファミリーキャンプ前提です。

なおかつ、ロースタイルが好きなので

今回はロースタイルで快適性重視、かつ高額でないことを軸に探しました。

 

ちなみに最初はコストの関係でベンチ×2個にしようと思ったのですが

さすがに嵩張るのとこのチェアを発見したことによりチェア2ベンチ1スタイルに

検討の方向を変えました。

 

長くなりましたが

今回私が辿り着いたチェアはこれ!

テントファクトリーのスパイダーワイド&ローアクションチェア !

まずはサイズ感。 

コールマンのファンチェアみたいな普通の折り畳み式のチェアよりは

折りたたんだ状態で比較しても長いです。

生地は固めのメッシュ生地で安っぽくはありません。

このチェアの一番の決め手は

低い座高の28cmである点と深い座面。

かなり深いです。

私個人の意見では椅子の快適性って座面の深さだと思っているところがあります。

だらっと腰かけてもこのまま眠れそう。小さい子供ならコット代わりに寝れます。

メッシュなので冬はおしりが寒いかもしれませんが

椅子に防寒を求めていないのであまり問題ではありません。

あとは便利なひじ掛け。ドリンクホルダーと反対側はスマホホルダーかな。

ひじ掛けがないもっと安いタイプもありますが

そちらは座高が高めですので注意。

あとはローではないスパイダーシリーズもあるようです。

 

快適なチェアを探すとかなり出てきます。

価格が高いものからそのパチモンまで。

高いものは気軽に使えないし、パチモンは品質が心配。

その点、この商品はテントファクトリーなので安心。

 

 

快適なシングルチェアは普通に探すと1~1.5万円ほどします。

4脚も買ったら予算オーバーです。

 

一方でこのチェアはこの快適性でほぼ4千円。

ありがとうテントファクトリー。ありがとうアルペン

 

車の積載力に問題が無いならお勧めできる逸品です。

まずは1脚いかがでしょう。

ちなみにカラーはブラック、マルチ、ネイビーは見つけました。

自分ももう1脚買うか、別方向性のあらたなチェアを探すか迷っています。

ベンチも欲しいし・・・悩ましい。

 

 

ヤドカリテントのデビュー戦で11月中旬に晩秋キャンプに行くことにしましたので

また投稿します。 またもや三重県

 

 

 

 

素敵なお父さんに一歩近づいたかしら・・・

 

 

 

 

 

 

 

【レビュー】DODのヤドカリテントを使ってみた。

こんにちは。素敵になりたい父です。

 

前回ご紹介した通り念願のテントを購入しました。

 

撮り忘れてしまし、写真が殆どないですが

庭キャンプで試し張りしてみましたので

設営の注意点を含めてレビューします。

 

 

設営方法

 ①グランドシート(別売り)を敷く。

  まだ専用シートが発売されていないようなので

  カナディアンイーストの8角形のシートを買いました。

  ちょうどよいサイズ感です。 

  インナーテントからはみ出た部分は折りたたんでもよいし

  荷物置きにしてもOK。

カナディアンイースト(Canadian East) アウトドア キャンプ 8角形 グランドシート 406×406 CETN1012

カナディアンイースト(Canadian East) アウトドア キャンプ 8角形 グランドシート 406×406 CETN1012

 

 

 ②インナーテントをグランドシート上に敷く

  向きに注意です。入口を希望の方向に向けます。

 

 ③インナーテントをペグダウン

  後でベルト調整できるので、キツキツしない方が良いです。

  私は最初にキツく止めてしまってポールが立てられませんでした(汗

 

 ④グランドシートのロープもこの時結んでおく。

  グランドシートがずれないようロープをペグに引っ掛けます。

 

 ⑤フライシートをインナーシートの上にかぶせる

  こちらは余裕があるのでペグに引っ掛けてもキツキツにはならないですが

  向きに注意です。赤い目印2つが正面側です。

  この時に注意したいのがフライシートとインナーテントのセンターを

  しっかり合わせること。ポールアップの時にフライシートがずれると

  調整が手間です。

  あとは、キャノピーを別売りのポールで立てる時はファスナーを

  この時に開けておかないと、立ててから開けるのは大変です

  全部開放するなら正面と通風用の後ろ2か所です。

 

 ⑥テントに潜ってポールを立てる

  インナーテントの入り口が返しになっているので

  引っ掛けないよう注意です。いったん中にポールを入れてから

  立てるほうが良いかも。

 

 ⑦必要に応じてフライシートをペグダウン

  これでいいのかわかりませんが強く張るとフライシートだけ

  錐型にならずベルテント風になります。

 

 ⑧キャノピーポール(別売り)でキャノピーを立てる。

  私はDODのビッグタープポールと2本と

  DODのコンパクトタープポールを買いました。

 

 

   赤い目印のグロメットにポールの先端を挿してテントに付属していた

  ロープを縛ります。

  このポールの立てが素人一人では難しかった。

  タープ部分が結構重いので手を離すとポールが持っていかれてしまいます。

  力を均衡させるためにロープを張る必要がありますが

  手を離せないのでバランスが取れる部分を探すのに苦労しました。

  説明書にあるイメージでペグダウンしようとすると

  ポールは外側にかなり傾斜させる調整が必要でした。

  

 ⑨サブポールを立てる

  説明書には100~150cmとあったので150cmぐらいで立てましたが

  もう少し長くてもよいかもしれません。

  コンパクトタープポールが200cmまで行けるので今度挑戦してみます。

 

 ⑩完成

  なかなかホームページのようにきれいにキャノピーが立てられませんでしたが

  何とか一人で立てられました。

  初回で手探り&初心者で1.5hも掛かってしまいましたが

  次回は半分以下で行けると思います。

 

 

ヤドカリテントのここが良い

 ①見た目が特徴的。

  他にはないデザインなので目立つでしょうね。

  以外に背が高いのがびっくり。

 

 ②タープ部分が意外と広い。

  大人4人でキツいかなと思いまいしたが

  囲炉裏テーブルを囲んで大人5人子供2人で団らんできました。

 

 ③インナーテントが広い

  ワンポールなのでサイドは天井が低いですが、床面積はゆったりです。

  大人5人ぐらいは平気で眠れそう。

  テント内のグッズが全然充実していないのであれこれ買うと

  4人でちょうどいいのかな・・・疑問

  後は入り口も大きく開放できて3か所から入れるのもいいですね。 

 

 ④電飾やガーラントがつけやすい。

  夜の写真だけありました。妻がインスタに上げたくて撮ったやつです笑

  後ろの上の電球は庭のものなので無視して下さい。

  ストリングライトが這わせやすいですね。

f:id:kmrm2856:20191029105148j:plain

 ⑤割としまいやすい

  シートをきれいに畳んでも最初のようにコンパクトになりませんが

  ベルトがついているのでそれで力業でコンパクトになります。

  さらに袋にもベルトがついているので、入れた後もベルトで

  締め付けてファスナーを閉めます。

  初回でもちゃんと袋に収めることができました。

 

ヤドカリテントのここが気になる

 ①雨漏り?

  フライシートの耐水圧は150デニールの2000mmとなっているので

  大雨が続かない限り安心と思っていましたが

  タープ内で朝ご飯を食べていたら水がしたたってきました。

  夜露でテントが濡れていましたがそれにプラスして結露も

  原因のような気がします。

  

 ②冬場のインナーテントの快適性

  キャノピーを立てているとインナーテントの入り口はむき出しになります。

  冬場はその面だけ寒そうですがどうなんだろう。

  タープ内に荷物も置いておきたいのでいちいちキャノピーをしまうのは嫌です。

 

 

総評(秋の庭キャンプのみの評価)

 ・見た目的には文句なし!

  ベージュやグリーンでなくグレーなのも個人的にはGOOD。

  他もアースカラーでそろえて、ところどころにビビッドカラー

  挿し込んでいけば簡単におしゃれになりそうです。

 

 ・設営&撤収の手間も想定内 

  ワンタッチテントやエアーテントには劣りますが、

  タープ込みでなら全く問題ない所要時間です。

  さすがワンポールテントです。

  一人でも何とかなりますがキャノピー部分は二人のほうがいいかも。

 

 ・機能面は未知数

  夏は後ろの2か所のポールを立てて通気すればさらに快適になりますが

  日差しが強い日中は未知数ですね。

  あとは冬場。気になる点にも書きましたが、正面側の手薄さが

  どう出るか・・・

  この冬にもう一度キャンプへ行ってみようと思います。

 

 

 

 

素敵なお父さんに一歩近づいたかしら・・・

 

  

買うテントが遂に決まった!

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/RED19716019_TP_V.jpg

quoted from "PAKUTASO"

 

 

こんにちは。素敵になりたい父です。

夏からずっとファミリー向けのテントを研究していましたが

ようやく決まって昨日届きましたのでご報告します。

答えは一番最後。週末に試し張りしてみます。

 

ごく普通のサラリーマンで、素人キャンパーの私と

似たような境遇のお父さんは多いと思いますので是非参考にしてください笑

 

 

父的テント選びの条件。

①家族4人で広々利用できる。

 スペックに書いてある利用人数はカツカツなので

 スペック値で大人5~6人のものを対象としました。

 

②予算はMAX10万円

 テント+リビングスペース(タープ)の最大値です。

 出来れば7万円程度にしたい。

 それ以上はテントの良し悪しや使い分けができる域に達してから。

 

③可能な限りオールシーズン

 冬も使えるけど、夏が凄く暑かったりでは困ります。

 完ぺきではないにしてもオールシーズンを目指しているものが望ましい。

 今のところ冬にキャンプをする計画は無いですが

 個人的にトライはしてみたいです。

 幼い息子と二人キャンプとか憧れます。

 

④被りまくるのはイヤ

 コールマンのテントがコスパに優れるのは理解していますが

 サイトの目玉であるテントやタープは個性を出したい。

 サイトがかっこよくまとまるとモチベーションもあがりそう。

 

⑤設営が難しすぎるのはNO

 設営をしにキャンプへ行っているわけではないので

 妻と二人でサクッと設営できるのが理想です。

 いずれはタープを自在に設営できるレベルになれれば理想ですが・・・

 

 

 

父的決勝リーグに残ったテント5選。

 

①カマボコテント2(DOD)

 言わずもがな、トンネルテントの火付け役。

 いまだに入手困難。ヤフオクで定価の3割増しとかで転売されています。

 結露問題はあるそうですが、5.5万万円でテントと広々リビングは

 かなりのコストパフォーマンスです。

 スカートもついているので冬でも寒さ軽減。

 雨の日には広いリビングスペースが大活躍しそうです。

 中に荷物を置いても余裕なのは夜安心です。

 しかしまぁ、とにかく手に入らない。

www.dod.camp

 

 

②AOBA500(テントファクトリー)

 アルペンのテントブランドのテントファクトリーの

 スクリーンタープ+インナーテント

 いろんな使い方ができるし、オールシーズンを見据えた

 フラグシップ品でコストパフォーマンスが抜群。

 カラーも落ち着いていていい感じ。

 今はAOBA450という少し狭くなったタイプしか手に入らないのがネック。

 6.7万円でグランドシートまでついているし、タープ部分も結構伸びる。

 AOBA500 の在庫があったら買ってたと思う。

 ノミネートの中で汎用性は一番高い。

 テントを別で用意してスクリーンタープとして活用すれば

 夏場も虫に悩まされずに済みそう。

 

ブービーハウス(チャムス)

 地味なテントが並ぶサイトを見ると、おしゃれなテントは気分が上がります。

 そういう意味でチャムスのテントはおしゃれで良いです。

 他のブランドがビビッドなカラーだと浮いてしまいますが

 チャムスなら許される不思議。

 ベルテントタイプのブービーハウスは4人でも広々で価格は5.5円程度。

 チャムスのタープと組み合わせても10万以下に抑えれられるので予算もクリア。

 2019年の新作ということもあって被りにくいですしね。

 チャムス好きなので見つけた瞬間買っちゃおうと思いましたが

 他のノミネートと比べると機能面や汎用性に欠けます。 

 

④タケノコテントミニ(DOD)

 またもやベルテント。ベルテントってデザインがおしゃれ。

 中で照明をつけたときに外からの眺めがとてもきれいです。

 ということでベルテントを探しまくって予算に合う

 バランシングなテントはこれでした。

 オールシーズン対応で5.5万円。タープを買っても10万円以下。 

  屋根がTC素材なのですが、ウォールがポリエステルなのが残念でした。

 よく見ると質感が違います。もう少し高くなってもよいので

 結露にも火の粉にも強いオールTC素材が良かったです。 

 

⑤ヤドカリテント(DOD)

 2019年の秋に出たばかりの新作です。ワンポールテントのフライシートを

 ポールによって立ち上げることで、ワンポールなのに2ルーム的に

 利用できるというものです。残念ながらポールは別売り(大小計4本必要)

 テント自体は5.0万円でポールを4本用意しても6.5万円程度。

 タープいらずなのでコスパは抜群です。

 さらに、インナーテントはTC素材なので結露にも強いしスカートもアリ。

 オールシーズンを目指して作られているだけはあります。

 タープとなるフライシートはポリエステルですので焚火には注意ですね。

 個人的にフライシートもTC素材なら満点でした。 

 

 

ということで、5つのテントが最終ラウンドに残りましたが

内、3つがDODということでDODの独創性とコスパには驚かされます・・・

 

 

 

そして、優勝したのは・・・

妻の合意も得てようやく購入を決めました。

選んだのは・・・

 

⑤ヤドカリテント(DOD)

 

 

 

選定理由

・全ての条件を満たしている。

・見た目がスタイリッシュ。

・タープを単体で立てなくてもよいので設営が楽。

・さらに追加でタープを買えば使い勝手が拡張できそう。

 

 

ということで父的ベストバイはヤドカリテントでした。

ただ、DODの新商品といえど評判がまだないのでその辺が

怖いところではあります。届いたらまた設営レポートしますね。

 

以上!と思ったのですが、うちはお金に余裕があるから

もう少し予算出せるよ。という方に父チョイスの番外編を

下記しました。評価軸は同じですのでご参考に。

 

 

 

【番外編】予算が許せばこれを買いたかった

アスガルド12.6(ノルディスク)

 ベルテントの王道です。クマのマークがおしゃれ。

 ベルテントはポリエステルやコットンであればもっと安くて

 類似のものがたくさんありますが、TC素材で安いものはありません。

 ポリだと遮光性も低く暑くなりがちで、コットンだと

 その辺はクリアできても重すぎるしカビやすい。

 ということでTC素材がベストという結論になったのですが

 テントのみで15万オーバーなのでタープを考えると

 完全に予算オーバーです。

 

 

 

②ロクロクベース(DOD) 

  6m x 6mの巨大なシェルターテントです。

 この中にテントを張ってカンガルースタイルというのを考えましたが

 ロクロクベースだけで追加ポールも買うと7万以上しますし

 何より手に入らない。

 あとは、設営が大変そうということで断念しました。

  

www.dod.camp

 

 

③READY TENT(M.W.M)

 予算オーバーしても買おうかと思ったのがこのテントです。

 荒らしいブランドM.W.Mからこの10月に発売されるエアーテントです。

 設営も楽ですし、キャノピーを立てれば2ルームテント風に使えます。

 価格は13万円です。

 評判無しでいきなり13万円のテントを買うのは怖かったので我慢しました。 

 けど、色味もロゴもカッコいいし使いやすそう。

 

mwm-outdoor.com

 

 

 

ということで、テントがようやく決まったのでサイトデザインも

イメージが固まりつつあります。テントがグレーですので

ダークカラーベースで攻めたいと思います。

かっこよく設営出来たらアップしたいですが

まだまだギアが足りません。

 

 

 

 

素敵なお父さんに一歩近づいたかしら・・・

 

 

【キャンプレポ】鈴鹿サーキットファミリーキャンプ場201910

f:id:kmrm2856:20191021084046j:plain

鈴鹿サーキットファミリーキャンプ場

こんにちは。素敵になりたい父です。

行ったキャンプ場のレポートを備忘も兼ねてファミリー視点で記載したいと思います。

 

■今回は鈴鹿サーキットファミリーキャンプ場

今回は同じく最近キャンプデビューした友人ファミリーと一緒に初の合同キャンプに

挑戦しました。大人4人+子供3人(5、4、2歳)の組み合わせです。

あえて、妻にキャンプ場を選んでもらいました。

どういう考えで選んで、行った結果どういう評価をするのかで

今後のキャンプ場選びに反映する為です。

やはり、妻が乗り気でないと成り立ちませんからね汗

 

 

 

■ファミリー視点でここが良かった!

・遊園地隣接

 次の日も鈴鹿サーキットでがっつり楽しめます。

 宿泊者には15分のアーリーエントリーが付いてきます。

 ホテル側のゲートからの入場なので注意が必要です。

 4歳以上であれば乗れるものも多いです。

f:id:kmrm2856:20191021092148j:plain

タイミングが合えばサーキットでレースを見ながらピザランチもできます。

 

 

・温泉施設隣接&2回まで無料

 サイトの利用料としてはハイシーズンでない10月の休日前の利用で

 1万円前後(5人まで)ですので安い方ではないですが

 この中に歩いて行ける温泉の利用券2回/人と遊園地の割引券600円分が

 含まれていますので、そこまでを加味すると優れたコストパフォーマンスです。

 休日は朝6時からお風呂に入れるのが個人的には高評価です。

 夜は子供のために早めに1回入りますので

 朝に改めてしっかり汗と煙の臭いを落とせるのがうれしい。

 

・ゴミを処分してくれる

 ゴミステーションがあるので持ち帰りゴミがなくて楽ちんです。

 燃えるゴミだけでなく、使用済みのガス缶も回収してくれます。

 

・比較的きれいなトイレ

 ぴかぴかというわけではありませんが、においが気にならない程度には

 清潔感が保たれていて、温便座の便器もあるので女性にはうれしいでしょう。

 

搬入が便利なオートキャンプ

 1サイトに1台停めてよいですし、一時的な搬入であれば

 2台目以降も入れるので搬入は楽です。

 サイトを広く使いたければ、駐車場に置いても距離は知れています。

 

近くのホームセンターにキャンプグッズが充実

 買い忘れなどがあっても調達できてしまうぐらい充実したホームセンターが

 1km程度のところにあります。

 

 

■ここに注意!

 

サイトによっては炊事場&トイレが遠い

 メインの炊事場、トイレは1か所しかないのでフリーサイトからは結構遠いです。

 電源や水道付きになるとトイレに近くなってきます。

 

サイトによっては傾斜が含まれる

 今回は友人家族と行ったので1サイトに2テントを設置しましたが

 私が寝たところは傾斜があって寝にくかったので

 設営レイアウトやベッドメイキングに工夫が必要です。

 散歩がてら他サイトも見学しましたが

 そういう微妙な傾斜がちらほらありました。

 致命的ではないですが情報として。

 

サイトは広めだが障害物あり

 サイトは基本100㎡ですが、植木があったり芝が剥げて凹凸になっていたり

 するところもあるので複数テント設営の場合は注意が必要です。

 

 

なぜか野良猫が複数いた

 今回だけかもしれませんが・・・

 猫がうろちょろしているなーと思っていたら

 案の定、夜中に大ゲンカをしていました。

 睡眠に神経質な人は耳栓等の対策を。

 

 

■父的総合評価(各5点満点)

項目の説明と評価軸

 ①コストパフォーマンス

  価格に対するファミリーとしての満足度

  主には設備やサービスの充実度

 ②清潔感

  全体的な清潔感、清掃の充実度

 ③周辺観光

  周辺にファミリー向けの観光ポイントがあるか

 ④リピート度

  総合的にまた行きたいかどうか

  

 

 コストパフォーマンス☆☆☆☆★4.5

  ・ファミリーが助かる要点が押さえられている。

  ・温泉、遊園地割引券もコミコミ価格

  ・トップシーズンや遊園地を利用しない人にとっては高め

 

 清潔感☆☆☆☆4

  ・設備は古めであるが、清掃は行き届いている

  ・ゴミ回収も定期頻度で行われている様子

  ・サイトの芝のメンテがもう少し良いと尚可

 

 周辺観光☆☆☆☆4

  ・鈴鹿サーキットで1日遊べる。宿泊者割引もついてくる

  ・ただ、それ以外はあまりないが道程(名古屋、大阪など)を含めれば

   バリエーションはありそう。

 

 リピート度☆☆☆☆4

  ・キャンプ場自体は安心してリピートできる。

  ・遊園地以外の観光が充実すれば、短期間リピートもあり。

 

肝心な妻の評価はかなりの高評価でした。

毎回ここでいいぐらいのことを言っていました。ここぐらいのところであれば

冬になる前にもう一回ぐらい行きたいと、帰りの車であれこれキャンプ場を

調べていたほどです。

高規格のキャンプ場で検索するといいよと伝えると色々見つけて興奮気味でしたが

同時になかなか予約が取れないことを知って落胆していました笑

 

 

 

ということで、鈴鹿サーキットのキャンプ場は私のような素人ファミリーでも

利用しやすくお勧めです。テントを持っていなくても設営済みのものをレンタル

できるのでお試し体験にはもってこいです。

ギアが充実しているベテランキャンパーであればフリーサイトで充分でしょう。

 

 

 

 

素敵なお父さんに一歩近づいたかしら・・・